top of page
  • 執筆者の写真Koju Ishizumi

人工甘味料についての英文読解

【大学入試 共通テスト問題】



世の中には実に様々な甘味料が

あります。



保健の授業で栄養学を勉強していると言う設定で、

甘味料について知るために、

教科書の文章を読もうとしています。



甘さについて考えると

普通の白砂糖を思い浮かべるかもしれませんが



様々な科学的な発見が甘味料の世界を変えてきました。



現在では、多くの植物から砂糖を抽出することができます。

たとえば、トウモロコシですね。



量も多く安価だし、加工しやすいです。

高フルクトースコーンシロップ(HFCS 、ブドウ糖果糖液糖、

異性化糖)は通常の砂糖より

1.2倍くらい甘いですが、

カロリーはかなり高いです。



過去70年の間に

科学者たちは様々な人工甘味料を開発してきました。







バナナは自然食品ですがクッキーは添加糖分を含んでいます。

添加糖分のカロリーの半分以上は、

甘みを加えた飲み物やデザートに由来します。



そのため、多くの人は低カロリーの代用品を選びます。



白砂糖に代わる自然なものとして、

赤砂糖、ハチミツ、メープルシロップなどがありますが、



これらもカロリーは高い傾向にあります。



結果として、代替の低カロリー甘味料、

LCSsが人気になっていますが、人工的に化学合成した物です。



たとえばアスパルテーム、エースK、ステビア、スクラロースなどです。



しかし、すべてが人工的かと言うと、そうではなく、

ステビアは植物の葉から作られます。



ある日本の企業が最近、アドバンテームを開発しましたが、

これは砂糖の2万倍甘く、



何か甘くするのに、ほんのわずかしかいりません。



人工的なLCSsの摂取と健康問題とを、結びつける研究もあります。



中にはガンを引き起こす疑いのある強い

化学物質を含むものや記憶力や脳の発達に影響を及ぼすことが

あきらかになっているものもあります。



皆さんはどうですか?




人はそれぞれ選択できるものを比較検討して、

自分が必要とすることや状況に応じて

最適な甘味料を選ぶ必要がありそうですね。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page