top of page
  • 執筆者の写真Koju Ishizumi

伝記的文章の読み取り



伝記的文章の読み取り


サビーヌは20年一緒に過ごした自分の馬を失い


その寂しさから、

近くの乳牛農場で牛を見て過ごしていました。


それから、そこで仕事をする

ようになり、一頭の牛と仲良くなりました。そしてその牛が妊娠して、牛の赤ちゃんが産まれたのですが


農場主は雄牛を農場で飼育することに興味がなく、食肉市場に売る計画をしました。


そこでサビーヌは子牛と母牛を

農場主にお願いし、

買い取ります。


その後、サビーヌはポニーを

もらい受け、レオンと名付けました。


子牛を後にアストンという

名前につけなおし、

この牛とポニーは仲の良い友達になります。







一緒に過ごすうちに雄牛は

体重1300キロあるにも

かかわらず、サビーヌを背中に乗せ、1メートルの高さの馬用の

ジャンプ柵を飛び越えるまでになり


サビーヌと雄牛のアストンは

その技を見せるために

ヨーロッパ中の週末の定期市や

ショーに出かけるようになります。    ー続くー


起こった出来事の流れを

時系列でしっかりとらえる

ことが大切です。


2021 共通テストの

リーディング研究



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

댓글


bottom of page