top of page
  • Koju Ishizumi

思考を使うタイミング について

数学II

対数の性質


指数法則と対数の定義から

導かれる性質を理解して

覚える


対数の計算はできたとしても


そもそも、どのようにすれば

このような性質が

導かれるのか?


考えている人はどれぐらい

いるのだろうか。


公式や定理を暗記して

計算できれば良いと考えているだけでは物足りないです。


それを証明して導けるように

練習すると力がつきます







話は変わりますが

思考を使うタイミング

について

思うところを書いて

おこうと思います


情報を鵜呑みにする

のではなく


本当はどうなんだろう?

自分で考えることも

大切です


知識としての情報も

必要だけど


経験からくる学びや気づきは

説得力が増します


自分にやりたいことがあり

挑戦していけばいいと

思う場面で


やるか、やらないかを

考える思考は行動を

ブロックしている

ように感じることがあります


思考を使うタイミングが

そこじゃない!

ということを感じることがあります


挑戦したいと思うなら

もう挑戦するのは

決まっていますし


挑戦するでしょう!


既に感情が先に

出ているんだから


やる、やらない

行く、行かない


で悩み


どうしたらいいか?


そんな思考の使い方ではなく


どうやって

挑戦していくのか?


どうやって行くのか?


ここで思考を使う場面だと

思います。


思考を使うタイミングが

ずれると


形になる流れが

滞るから


スムーズに自分の思いを

叶えるためにも


思考を使うタイミングは

重要だと思っています


スムーズに流れるように

波に乗って思いを形に

しやすくなりますよ


See you soon

閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

数学Ⅲ 複素数を極形式で表す練習 本格的な雪のシーズン到来❄️ 今朝も、それなりの積雪量ですね 体調管理に気をつけていこう 私大の過去問や国公立大の過去問など 傾向と対策に打ち込むこの時期。 いろいろな困難を乗り越えて 今があります 最後まで信じてやり抜く力が 求められるこの時でもあり 勝利の女神が微笑むVサインで 闘魂注入! 受験勉強において 時として、体力、気力の限界を超える 闘いを耐え抜き

今年も残りわずかとなり 受験生においては 最後の最後まで諦めずに やりぬくことが大切な 時期となりました。 今年を振り返ると 受験もプロレスも スポーツも格闘技も 分野は異なれど、 作戦を練り 相手を研究して 当日は最高の試合 最高に輝く 姿を観せていただきました。 心技体が磨かれて バランスよく調和し 攻めるときは徹底し ハートの強さを感じます 守りの時には受け身を しっかり取りながら 相手から

今回も前回に引き続き 不登校について考えてみます。 不登校というと起立性調節障害や 心身症なども考えられる時があるかも しれません その場合には 怠けているわけではなく 健康上の問題を抱えているのかも しれませんので 医師の診断を受けて 適切なアドバイスを受けて 無理のないようにサポートすることが 必要だと思います。 また、 家庭環境や家族関係などの変化ゆえに 心が環境の変化に耐えられず 凹んでし

bottom of page