top of page
  • 執筆者の写真Koju Ishizumi

数学I 三角形への応用

数学I

三角形への応用


正弦定理、余弦定理を活用して

問題に取り組む。


角Aが鋭角なのか、直角なのか、

それとも鈍角なのかを

判断するには

どうしたらよいだろうか?


角Aを挟む2つの辺の二乗の和が

角Aの対辺の二乗よりも

大きいならAは鋭角。


等しいなら直角

小さいなら鈍角となります。


正弦定理と余弦定理の使い分けが

できるように練習。





勉強する上で、健康的な食事を

考える機会が増えてきました。


酢にんじん🥕を食前に食べ始めました。

糖化や内臓脂肪が気になっていたからです。


基本的にはお酢が好きなので

日常的に取り入れては

いるのですが


にんじんに含まれているβカロテンに注目し

お酢とにんじんの相乗効果で


どのように変化していくのか

試しているところです。

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page