top of page
  • 執筆者の写真Koju Ishizumi

数学II の授業  クワガタの水彩画にチャレンジ

数学II


平均変化率を定義で求める式の

分母のh→0というふうに

hが限りなく0に近づくとき

この平均変化率が限りなく

一定の値に近づくならば、

その極限値をf(a)のx=aにおける

微分係数といいます。



ある曲線における接線の

方程式を求めるときの

接線の傾きを求めるときに

微分係数か傾きとなるので

微分係数はしっかり求めることが

できるようにしておきましよう。



シンプルな計算として

微分したり

微分係数を求めることは

出来ても…

定義を使って求めることが

苦手という人も

いるのではないでしょうか?


練習してマスターです。



季節がらカブトムシ、クワガタ

なとの昆虫を見る機会も

増えてくるのではないかと

思いますが…



学生の頃は近所でクワガタなどの

昆虫は夜になれば、

電柱の下や家の前によくいた

ものですが



今いるところでは

昆虫見る機会もほとんど

なくなりましたね



そこで、今回は昆虫を水彩画で

描いてみました




ヨーロッパミヤマクワガタ(左)と

メンガタクワガタ(右)






受験生は夏が勝負なので

大切な時間を過ごすことに

なります。



ファイト!

See you next time

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page