• Koju Ishizumi

等差数列の和

数学II

等差数列の一般項と

和について


一般に、初項に一定の数dを次々と足して得られる

数列を等差数列と言って


その一定の数dを公差と言いいます。


規則性がありますので

求めやすいです。


一般項の式を求めることができれば


ある数が初項から数えて

何番目の数なのか?


つまり、第何項なのかは

一般項=数 の方程式から


nを求めることによって

簡単に第何項の数かを

計算できます。









等差数列の和に関しては


❶初項と第n項がわかっている場合と


❷初項と公差がわかっている場合で


使い分けて求める工夫もありですね。


今回はシンプルな基本的な

学習内容でした。


中間テストに向けて

がんばっていると思います。


さまざまな問題にチャレンジして


さらなる成長のチャンスにしたいですね


See you soon

閲覧数:122回0件のコメント

最新記事

すべて表示