top of page
  • 執筆者の写真Koju Ishizumi

英語のリーディング ヤマネについて

森の精霊と呼ばれているヤマネは

日本にだけ生息しているとても珍しい動物です


高山の木に住んでいる体長約8cmで18gの重さしかなく


長い尾と短い脚でふわふわの毛に覆われ

かわいいぬいぐるみのように見えます


昼間は眠っていて、夜になると活動的になり

冬の間も眠っています。


ヤマネは人生のほぼ半分を眠って過ごしています。

その生活様式ゆえに人間に見られることは滅多にありません。


そのため、森の精霊とヤマネのことを呼ぶ人達もいるのです。





不運にもヤマネを失いつつあります。


その理由は人々が山の中の多くの木々を切り倒しすぎるので

彼らの家が失われつつあるからです。


もし、このことが続けば森がなくなり

ヤマネは私たちの国から消えてしまうでしょう。


ヤマネは小さな動物ですが

大きなメッセージを私達に送ってくれています。




ヤマネを失うことは

私たちの貴重な自然を失うことを意味します。




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page